過度なスキンケアは逆効果

季節の変わり目には、体調を崩す人が多いですよね。

私も風邪をひきやすく、ちょっとでも調子がおかしいなと感じると、お薬をすぐに飲むようにしています。



そんな季節の変わり目ですが、変化を感じるのは体調だけではありません。

お肌の状態だって、反応してしまうものです。

それまでの猛暑から、急にスーッと寒くなるわけですから、

温度差に戸惑うのも無理はないでしょうね。

それまで油っぽく、油取り紙が手放せなかったのに、

一旦、乾燥を気にするようにもなったりします。

このように、人間のお肌というのは、

敏感にできているのかもしれませんね。



こういった時、乾燥をきにするあまり、

保湿だけに着目し過ぎることがあります。

乳液や、クリーム、オイルといったものを多めにつけて、

内側の水分を逃さないようにするというわけです。

しかし、

本来は人間に汗といったものが備わっており、

必要以上のケアをし続けると、

その自然の作用がうまく機能しなくなることもあるのです。

そればかりか、

油分を多く付け過ぎた為に、吹き出物ができてしまうこともあります。



私も経験があるのですが、

この油分の付け過ぎが原因だとはなかなか気づかずに、

長い間、吹き出物に困ったことがありました。

シンプルケアで、お肌を健康に保ちたいですね!

適切なスキンケア対策でぷるぷるな肌へ
若くて美しい肌をつくるためのスキンケア方法を詳しく教えます。年齢の増加でできてしまったシミやシワをなくすためにはどうしたらよいのかを紹介します。